FileMakerあれこれブログ

FileMakerに関する、あれやこれやの解決策や小技など、思い付いたものをどんどん書き込んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログレスバー

FileMakerの標準機能で、プログレスバーを作ってみました。
処理の進捗を示すプログレスバーですが、さすがに重いスクリプトの本当の進捗をバーに示すことは難しいので、疑似的なものとして作ってみました。

まずは、スクリプトを作成します。

Loop
ウィンドウ内容の再表示[] //ウィンドウ内容の再表示を逐次行わないと、条件付き書式の色設定が反映されない
変数を設定 [ $count ; 値:$count + 1 ]
変数を設定 [ $wait ; 値:"" ]

Loop
変数を設定 [ $wait ; 値:$wait + 1 ] //バーが徐々に伸びていくように、ループを使った「待ち」を入れる
Exit Loop If [ $wait ≥ 1000 ] //カウント数を変えることで、バーが伸びる速度を変えられる
End Loop

Exit Loop If [ $count > 20 ] //バーのコマ数は20個にしました
End Loop

次にレイアウトにプログレスバーを作成します。
ProgressBar01.jpg
ボタンの矩形を20個横にならべます。スクリプトは何も割り当てません。
それぞれに条件付き書式を設定します。
一番左の矩形には $count ≥ 1 の条件の時、背景色を青に設定。
次の矩形には $count ≥ 2 の条件の時、背景色を青に設定...という具合に条件を設定していきます。

ProgressBar02.jpg

これでOKです。
早速、スクリプトを実行してみましょう!
ProgressBar03.jpg
バーが徐々に伸びていく感じに出来ました!
スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trprojectfm.blog.fc2.com/tb.php/11-6ae855d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。